父亡き後に大腸がんを患って闘病していた母がなくなりました。

母が亡くなってから後悔していることがあります。
それは、母の悲しみに寄り添ってあげられなかったことです。

母が大腸がんを発症した時、私は下の娘が生まれたばかりの状態で育児や家事が忙しくて、毎日が精一杯で母の気持ちまで考えてあげる余裕がありませんでした。
夫を亡くしてすぐに自分も病気になってしまったこと、目の前にちらつく死という恐怖など不安な気持ちでいっぱいだったのでしょうが、それをわかっていても聞いてあげることがあまりできませんでした。
私も自分の家族のことで大変だったので、正直なところ母まで自分の負担になるのが嫌だったのかもしれません。
亡くなった後に、母の遺品を片付けていたところ「日記帳」が出てきました。
そこには、毎日、押し寄せてくる不安と戦いながらも前向きに生きていこうとする母の姿が書かれていたのです。

「自分一人で何とかするしかない」と思っていたのでしょう。
癌の痛みを訴える母に対しても「気持ちの問題もあるから頑張って」と無責任なことを言ったり、
自宅で調子が悪くなり点滴をしている際に「点滴が終わったら抜いてくれないかな?」という電話に対して「今は忙しいから無理。自分でやれないの?」と冷たい対応をしてしまいました。
今思うと、私自身も、弱っていく母を受け止められなかったのかもしれません。

父がなくなり、これで母を亡くしてしまったら、一人っ子の私はどうしていいのかわからなかったのです。
現実を見たくなくて、母にそっけない態度をとってしまいました。
「もっと優しくしてあげればよかった」と亡くなってから思うことがあります。

祖父に孫、ひ孫の顔を見せられなかったのが凄く残念

私昨年祖父が亡くなりました。
私は遠くに嫁いだのでなかなか祖父には会えませんでした。
病気が分かり、お見舞いに行くことはありましたが、頻繁には会えませんでした。

今になってはもっと頻繁に帰って、孫、ひ孫の顔を見せてあげてればと悔やむことがあります。
祖父は子どもが大好きだったので、訪ねるととても喜んでいました。
しかし、もう会うこともできません。
最後の弱り果てた顔や体を見ても何も声をかけられずにいて、未だに悔いが残ります。

毎日悲しみに暮れていました。
そしてその後、私のお腹に赤ちゃんがいることが分かり、祖父の生まれ変わりなのかと思いました。
その前に、流産もしていたので、妊娠したことはとても嬉しかったです。
しかし、祖父に見せられないのがとても残念でした。

孫、ひ孫のほとんどが女の子で、男の子は3人しかいませんでしたので、男の子は貴重でした。
そして、赤ちゃんの性別がわかったのです。
男の子でした。奇跡かと思いました。
祖父が生きていれば、さぞ喜んでくれたでしょう。

生まれてくる赤ちゃんの顔が祖父に似ているのではないかと楽しみでした。
そして、今年産まれました。眉毛が祖父そっくりで、本当に祖父の生まれ変わりじゃないのかと思いました。祖父がそばにいるようで、なんだが嬉しいです。祖父の顔を忘れることもありません。
今年、一周忌だったので、お参りに行き無事に報告できました。遅くなりましたが、報告できて良かったです。祖父が喜んでる姿が目に浮かびます。
祖父が私たちを可愛がってくれたことを忘れずに、私も子どもを大事にしようと思いました。

父の逝去を知らせるはがきを選ぶ。赤い実の南天デザイン

一昨年の夏に父が亡くなり、初めて喪中はがきというものを作ることになりました。

私と主人の連名で出すにあたって、「父」と書くのか「岳父」と書くのかなど迷いましたが、
結局「△△(私の名)の父○○」という表記にしました。

印刷は家のPCで行いました。

費用の節約ということもありましたが、
いろいろな印刷サービスのデザインを見たけれどあまりピンとこなかったことが大きな理由です。

喪中はがきのデザインというとモノトーンで蓮の花などをあしらったものなどがオーソドックスですが、
受け取った方にあまり湿った感じを与えないものにしたいと考え、
白地に赤い実の南天をあしらったものを選びました。

シンプルで色美しく潔い印象のデザインが心に染みました。

あまり喪中はがきらしくなかったかもしれませんが、
実家に南天の木が植えられていたこと、華美になりすぎない実直な筆致が父好みに思われたことなどから、
父の喪中を知らせるのにふさわしいものになったと自分では思っています。

(ゆきさん/女性)

喪中ハガキって意外と大変!義父が亡くなって・・・

義父死去の為、喪中ハガキを業者に頼まず作成する事になりました。
まずは、インターネットで喪中ハガキのマナーや出す時期などを確認し、インターネットで無料のイラスト、テンプレートなども探しました。

一番、困った事は定型文の中にいれる死去した人の続柄と名前。
以前、他の方より届いた時に知り合いの親なのか、知り合いの配偶者の親なのか悩んだ事もあったので、一目で義父だと分かるようにフルネームで記載。

喪中ハガキは、普通ハガキを使用する訳ではないので、
必要枚数を確認して書き損じなども考量した枚数を郵便局で購入しました
(多分、使用しなかった分は普通ハガキに交換して貰えると思いますが、ちょっと手間だと思ったので最小限におさえました)

子供達のお友達などへも送るか悩みましたが、
ほとんど会う機会がある人達ばかりだったので、喪中である事を直接伝える事で対応しました。

定型文を探したりしている時に気づきましたが、年齢をいれるか、死去した原因をいれるか、死去した日付を入れるかなど様々。
夫の父である為、夫が一番納得できるよう何度も確認しながらの作成でした。

(めぐみさん/女性)